2016年8月9日火曜日

マイナス金利で生命保険が…!

こんにちは!アシスタントの川口です(*^▽^*)
暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。太陽
気づけばもう8月中旬…
夏もあと少しと思うと寂しい気もしますえ~ん
暑さに負けず頑張ります!


さて、先日みどり財産コンサルタンツの女性メンバーで
撮影CAMEDIA SO-570UZカメラをしました。
何枚か撮影したうちの1枚がこちら矢印









ホームページの新規ページに使用する予定です。
新規ページが完成しましたら、またご報告させていただきます!ニコニコ
みどり財産コンサルタンツはっぱホームページ
                    矢印http://www.midori-zc.co.jp/



それでは本題に…
平成28年2月16日、日銀のマイナス金利導入に伴い、
一時払終身保険や個人年金保険の販売停止や売り止めが
各保険会社で行われてきました。
相続対策として有効な一時払終身保険の販売停止や
売り止めだけでも影響は大きかったのではないかと
思いますが、その後も続く金利低下をみて各保険会社で
終身保険を中心とした商品の料率改定を行うとの内容も
耳にするようになりました。えっ


そもそもマイナス金利がなぜ生命保険に影響するのか…
簡単にご説明すると、
生命保険会社は契約者から預かった保険料の一部を、
主に債券や株式により運用しており、運用資産総額の約40%が
国債を占めています。
よって、国債の金利が低下すると保険会社が新たに国債を買って
運用しても収益が生み出せなくなるため予定利率(※1)等の改定を
せざるを得なくなる訳です。
(※1)予定利率とは、保険会社が運用による収益を見込んで、
    あらかじめ一定の利率で保険料を値引きする割合のこと。


また、最近注目されているがん保険についても、
今後、料率改定が行われる可能性があるとのお話しを聞きましたビックリマーク
がんに対する関心が高まったことで、検診に行かれる方が増え、
保険会社への請求も増えているとのこと…
検診に行く方が増え、早期発見につながることは良いことですが、
今後がん保険に加入する際に保険料が高くなる可能性が
あるとするならば少し複雑だったりもしますガーン


現在、生命保険へのご加入を検討されている方は、
早めのご検討をオススメします!えっ


最後までご覧いただき、ありがとうございました音譜

新規ページ追加のお知らせ

こんにちは! 暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 気づけば梅雨も明け、もう少しで8月、、、 ニュースでは高校野球が取り上げられ、、、夏ですね!☀ 母校は準々決勝で敗退でした😢来年に期待!! さて、今回は みどり財産コンサルタンツのホームページ に新し...